草むらの中にある家

記事一覧

知識を取り込めば今後に活きる|不動産投資セミナーを受講してみよう

不動産収入の魅力とは

集合住宅

利回り優先の物件選び

ビルやマンションなど大型建造物を一棟丸ごと購入し、毎月その家賃収入から利益を得ることができる物件を収益物件と呼びます。収益物件を選ぶ際、押さえておくべきポイントはその物件の利回りです。利回りがよければその分収益が伸びるわけですからオーナーのメリットに繋がります。その見極めのポイントとしては、マンションやビルの立地が大半を占めることになります。駅からどの程度の距離にあるのか、その他公共交通機関は充実しているのかなど、アクセスのしやすさが重要になってくるのです。さらに、近くに駐車場や商業施設が充実しているなど、生活面での配慮も必要になってきます。こうした条件を踏まえた上で、購入予算とのバランスをみて購入を検討していきましょう。

地域別の特徴

大阪の場合、新築物件か中古物件かどちらを選ぶかによってもその収益具合は変わってきます。というのも、大阪の新築物件の場合はその建築期間中に収益は見込めません。その分最初の家賃設定を高くすることは可能ですが、それも数年のうちだけでその後家賃はどんどんと下げていくことになります。そうなると、余計な建築費などが嵩むよりも最初から中古の収益物件を選んだ方がすぐに家賃収入が見込めるため、オーナーにとってはメリットが多くなります。大阪の場合、比較的築年数の浅い収益物件が複数点在しています。大阪であれば駅の近くや商業施設の近くなど立地に関しても優れているものが多いため、新たにオーナーになりたいという場合にはうってつけです。